LifeDesign

ブログタイトル

28歳で人生の半分を生きたことになる

f:id:PaimonSugar:20170429222708p:plain

 

 

やっほー。今回は御託は無しでいきなり書きます。

 

 

平均寿命と平均睡眠時間と年齢を計算すると、28歳で人生のおおよそ半分を生きたことになる。

 

 

1. 平均寿命

公益財団法人によると、2015年度の平均寿命

男性は「80.79歳」

女性は「87.05歳」であることが分かる。

 

男性が約81歳、女性が約87歳でその中間である84歳を日本の人間の平均寿命としようではないか。恐らく医療技術の発展によりもっと長生きする可能性があるとと思うが、取り敢えず2015年の平均寿命に従って推測していこう。

 

 

 

2.平均睡眠時間

平均睡眠時間は、総務省統計局の統計データによると約8時間である。つまり、1日24時間のうちの3分の1が睡眠で削られることになる。だが中には4時間や5時間睡眠というスーパー不眠マンもいる。

 

 

 

3.計算

84歳まで生きることを100%として、100%の中から睡眠時間の分を3分の1カットすると、約66%残る計算になる。

 

 

28(歳)*84(平均寿命)X100=約33(%)

 

 

睡眠時間の分から差し引いた残りの66%から33%を引くと残り半分になってしまう。この計算結果から、人生は長いと思う人と短いと思う人など色々な見解がもてる。

 

 

f:id:PaimonSugar:20170120172829j:plain

 

私はこの計算結果から人生は短いと思う。

 

だから現状に満足をせずに、毎日を全力で生きていこうと思った。